三次市・庄原市・帝釈峡

宿泊も日帰り入浴もOK!森の中の温泉、君田温泉 森の泉

実家に帰ったとき、人数が多くお風呂の順番待ちも大変なので君田温泉 森の泉に行きました。

読みは「きみたおんせん」です。

君田温泉の場所とアクセス

山奥なのでちょっと遠いですが、アクセスはわりと簡単です!

①中国自動車道三次IC~国道375号線~県道39号線/車で約25分
②JR三次駅~県道39号線/車で約20分
③三次市内~バスで20分
④やまなみ街道(尾道松江線)口和IC/約3分

三次ICから行く場合は、インターを出たら左折してください。

踏切を渡って国道375号線を走り、天気予報などのテレビでよく中継されている(あと、たまに2時間ドラマで三次が舞台になることがあるのですが、絶対に映像に出てくる)赤い欄干の三次のシンボル、巴橋(ともえばし)


広島文化大百科より画像引用

を渡って左側の車道を行き、途中の太才町交差点で375とはお別れし県道39号線に入り、ひたすら道なりにずっと行きます。

途中、がけ崩れしてきそうな道もありますが(道は広くて整備されているけど、山の真下)

夜走っていると、暗くて見えづらく、一体いつ着くんだろう?と思えて来ます(^^;
案内の看板もあるけれど、温泉ではなく併設の「道の駅フォレスト君田」の看板だったりするので気をつけて!

無料駐車場:150台

料金・時間

入泉料 大人600円、小人300円(小学生以下)、3歳未満無料(料金は入湯税を含む)
※フェイスタオル(購入)150円、バスタオル(レンタル)50円
入浴時間 ■一般・日帰り 10:00~21:00
■宿泊の方/23:00まで、朝6:00~8:00

★JAFカードで、大人1人50円割引になります!

最初知らずに、券売機で入浴券もタオル券も買ったのですが、後でJAFカード割引を知ってフロントで言ったら、返金してもらえました

入浴券は券売機でもフロントでも購入できます。タオル券は券売機のみ。

券を購入したら階下に下りて浴場の手前のカウンターでタオルを受け取ります。
ヘアゴムの貸し出しもあります。

温泉

中四国では大変珍しい重曹泉の温泉だそうです。「美人の湯」として人気があります。

内湯で温まると、娘の大好きな露店風呂へ♪

扉を開けると冷た~い風が…。すぐに露店風呂へつかるともうポッカポカ(^_^)


写真2枚とも公式サイトよりお借りしました。

娘は↑のようなつぼ湯が大好き!

2人きりでまったりできます♪

露店風呂には打たせ湯もあり、以前友人達と来たときキャーキャー言いながら打たれた思い出がありますが、囲いがあって使用できない雰囲気になっていました。

サウナもあるんですが子連れだし、親戚と一緒に来ているのであまりゆっくりせず(家族だけだと2時間くらい入る)早々に上がりましたが、ぽかぽかになりました。

浴場にはボディソープ、シャンプー、リンスがあり、脱衣所にはドライヤー、化粧水、乳液、滅菌ブラシがありました。

クレンジングと洗顔はないのでお忘れなく!

湯上りに、娘はソフトクリーム、私はコーヒー牛乳(定番!)

道の駅や美術館も

こちらは宿泊施設もあり、食堂も何種類かあるようです。コテージもあります。

夜だったので閉店していましたが、道の駅フォレスト君田も併設しており、おいしそうな焼きたてのパン屋さんも。

 

はらみちを美術館もあります。

よく見かける作品ですよね。

脳性小児麻痺のため、お母さんに背負われて学校に通っていたはらみちをさんの作品は、優しさと懐かしさにあふれていて、見ただけで涙が出てきます。

次回行ったときはゆっくり美術館も見てみたいです。

 

あと、グーグルマップを見ていて初めて知ったのですが、周辺に「君田こども遊園地」というものがあります。

なに!?遊園地!?と思って調べてみると、遊具のある普通の公園のようです。

でも緩やかな川があり、夏は川遊びにくるファミリーで大人気のようです♪

地元の人しか行かないような穴場的な感じらしいので、こちらも一度行ってみたいですね(^_^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください