廿日市市(宮島・宮島口)

宮島かき祭り2020に行ってきました!工事中の大鳥居の写真も

去る2/9(日)に宮島かき祭りに行ってきました!

午前中は用事があったので午後から参戦☆

サッと回ったので短く簡単なものですが、初の宮島かき祭りレポです♪

宮島かき祭り

【日時】2/8(土)・9(日) 10~15時(※毎年2月第2土曜日・日曜日
【場所】廿日市市宮島町 宮島桟橋前広場
【アクセス】宮島口桟橋からフェリー10分
【内容】かき料理コーナー、かきの直販・直送、特産品コーナーなど
・かき料理格安販売コーナー 100~200円
・かきの直売と地方発送コーナー 特別価格にて
・特産品直売コーナー 漬け物・農産物・かき製品・たこ天・かき醤油・わさび製品 他
・アトラクション 宮島太鼓 等
【問い合わせ先】一般社団法人宮島観光協会電話:0829-44-2011

会場は、宮島桟橋前の広場。
宮島口からフェリーに乗り10分。
フェリーを下りてターミナルを出るとすぐ目の前です。

右側の広場が主な会場ですが、かきのせいろ蒸しコーナーのみ、左側にあります

しかし、60分待ち!!

宮島かき祭りといえば、自分で網で殻付き牡蠣を焼いて食べていましたが、3年前くらいからせいろ蒸しに変更になったようです。
蒸されたものが出てきてすぐ食べられるようになっています。

この宮島かき祭りで殻付き牡蠣が食べられるのは、せいろ蒸しだけのようです。

焼き牡蠣が食べたかったな…。

右側の広場では、かき醤油ラーメンが長蛇の列。

他に、牡蠣ポン酢、かき入りシチュー、土手鍋、牡蠣飯、牡蠣うどん、牡蠣シューマイ、牡蠣のオイル漬け、牡蠣の燻製、しょうが煮など。

すべて200円です!安い!

すごい人です!

牡蠣飯が食べたかったけど完売。

(このときは)あまり並んでいない牡蠣のオイル漬け、牡蠣の燻製、牡蠣のしょうが煮を買いました。
1皿200円で3つずつ入っています。
漬けてあるものなのでプリップリというわけではないけど、それぞれに味がよくしみ込んでいておいしかったです♪

その次に土手鍋に並ぼうとしたら、いつ完売するかわからないとのこと。
並んでも食べられるかどうかわからないのでやめました☆

これは牡蠣入りシチュー。
牡蠣が見えなくてすみません(^^;
大きめ牡蠣が3つと、小さいのが1つ入っていました。

ちゃんと分別のゴミ箱も設置されていて助かります。
鹿が来るからだと思いますが、スタッフの方がずっと立っておられました。

ステージも

ステージショーもあります。

宮島太鼓や神楽、地元で活躍するアーティストのライブなどがあります。

ちょうどこのとき、「燃える赤ヘル僕らのカープ」でおなじみの加納ひろしさんのステージがありました。

それ行けカープ」の南一誠さんはイベントでもよく拝見しますが、こちらは貴重なのではないですかね?
聞けて良かったです(^_^)

こんな感じで、ささっと回り、ムスメの希望で早々と大聖院に行きました♪

宮島最古のパワースポット大聖院!ご利益いっぱいまるでお寺のテーマパーク宮島は現在、修繕工事中の大鳥居が完全に覆われていますが、宮島見物は、厳島神社だけではありません!(修繕工事も70年振りなので、これもレア...

↑このときまた色々回ったので、この記事もまた追記していきます!

大鳥居は現在工事中。
完全に囲われており、昼と夜でまた印象が違います。

今しか見れないこの景色もまたレアなものでございます☆

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください