あの映画も上映!90周年記念ミッキーマウス映画祭2018に行ってきました

今年は、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年だそうです!

それを記念して、11/4(日)に全国の映画館でミッキーマウス映画祭が開催されました。

広島では、バルト11とTOHOシネマズ緑井で上映。

昨年は、「ミッキーマウス バースデー映画祭2017」が全国の映画館で開催されました。

スポンサーリンク

スクリーンデビュー90周年

ディズニー公式サイトより画像引用

ミッキーマウスは、1928年11月18日『蒸気船ウィリー』にてスクリーンデビューしました。

なので11月18日はミッキーマウスの誕生日とされています。

ディズニー映画のオープニングで、ミッキーが口笛を吹きながら船の舵を取る白黒の映像、誰しも一度は目にしたことがあると思います。

あれは90年前の、ミッキーのデビュー作『蒸気船ウィリー』という映画のワンシーンなのです。

ワンシーンというか、一番最初の映像。ミッキーはただの船員で、あの後、船長らしき動物に追い出されてしまいます(笑)

その後、ミニーマウスのために、いろんな者や動物を使って音楽を演奏します。

世界初の、声と音楽をあわせたトーキー・アニメーション映画です。

今回のミッキーマウス映画祭2018では、『蒸気船ウィリー』他7作品上映されました。
『ミッキーの大時計』 (1937年公開)
『ミッキーの造船技師』(1938年公開)
『ミッキーの移動住宅』(1938年公開)
『ミッキーの愛犬』(1939年公開)
『ミッキーのゴルフ』(1941年公開)
『魔法使いの弟子』(1940年公開のディズニー映画の名作『ファンタジア』の一編)
『ミッキーの王子と少年』(1990年公開)

娘の大好きな『魔法使いの弟子』も♪

どれも短編作品ですが、これがもう…笑える!

トムとジェリーなみのハチャメチャぶり!グーフィーがトムなみにアホすぎ!!

ディズニー映画って元々はこんなコメディーだったんだ…と初めて知りました。

お腹抱えて笑わせていただきました(笑)

あともう1つ今回初めて知ったのは、ミッキーマウスはキャラクターではなく、どうやら映画俳優!?のようなのです。

なので数々の映画は、ミッキーマウスが主役の物語ではなく、その映画にミッキーが主役として出演している、という設定のようでした。

映画の合間に、ミッキーについてのエピソードや作品について説明するドキュメンタリータッチの映像が流れ、「ミッキーはこの作品にも挑戦しました」というようなことを言っていたのでそうなのだろうと思ったのですが、ミッキー90スペシャルサイトでもやはり、『ミッキーの王子と少年で一人二役を演じた、「アカデミー賞ノミネートを受けた」などの説明があるので、やはり俳優だということがわかります。

今回はホントに、『蒸気船ウィリー』や『魔法使いの弟子』が大きなスクリーンで見られて、感激でした!

上映は、11/4(日)の午前1回のみでした。

ディズニー公式サイトで告知以来、ずっと楽しみにしていて、1か月前の10/4の0時にチケット販売が始まり、すぐに取りました!

料金は、大人も子供も一律2,500円でした。

特典で、こちらのオリジナルピンバッジが1人1個もらえました!

レアですね…宝物にします♪

東京ディズニーリゾートでは、ミッキーの90周年記念をお祝いして、さまざまなメニューやグッズが販売されています。

この蒸気船ウィリーのポップコーンバケットが欲しい!!(現在売り切れです)

東京ディズニーリゾート公式サイトより画像引用 2018年の今年は、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年をお祝いし...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ