広島市佐伯区

川遊びにホタルに体験イベント!湯来交流体験センターは大人も子供も楽しめる!

先日、オオサンショウウオこんにゃく作りを体験した、湯来交流体験センター。

オオサンショウウオこんにゃく作り体験レポ!広島・湯来の名物を味わうホタルで有名な広島の奥座敷、湯来(ゆき)町。 広島市内から1時間で行けるこの自然豊かな町で、ただいま 「オオサンショウウ...

こちらでは、こんにゃく作りだけではなく、さまざまな体験イベントが開催されています。

隣には温泉のある国民宿舎湯来ロッジもあり、裏には清流、水内川が流れています。

この水内川にはオオサンショウウオが生息しているらしいです。

夏にはホタルが見られ、夏休みには川遊びや釣りをするファミリーでいっぱい!

大人も子供も楽しめる体験施設です(^_^)

湯来交流体験センターのアクセスと営業時間

アクセス

【車で広島市内からバイパス経由の場合】
約25kmで約40分。
国道2号(バイパス)で廿日市方面へ向かい、五日市付近の皆賀で下ります(ミスズガーデンの緑のネットが目印)→木舟交差点(コイン通りと交わる交差点で安芸五日市郵便局があるところ)で右折して湯来・沼田方面の県道290号線へ入る→新落合橋南詰交差点(左に梵天丸がある)で左折→道なりに湯来方面へ北進→三和橋南詰交差点を直進して県道41号をずーっと行く→国道433号の新しくできた道の2つのトンネル(大古谷トンネルと川角トンネル)を抜ける→(途中で曲がると久保アグリファームへ行く)ずっと道なりに行き、湯来出張所前交差点を左折して国道488号/県道41号へ入り、道なりをずっと行く。

【車で廿日市方面から】
・速谷神社を通り過ぎ、山陽自動車道の高架下の交差点(東方面に行くと宮島SAに入るところ)をまっすぐ抜け、国道433号線を通って行く
≪または≫
・バイパス→県道41号を通る方法もある(バイパスを湯来/五日市方面で下り、丸源ラーメンが目印の波出石交差点を左折して県道41号を行く)

※国道433号はかなり険しい山道なので、県道41号を行く方がオススメ

基本情報

名称 湯来交流体験センター
公式サイト https://yuki-kouryu.jp/
住所 広島市佐伯区湯来町大字多田
電話 0829-40-6016
営業時間 9:00~18:00
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌平日)、8/6、12/29~1/3
駐車場 あり
オムツシート 多目的トイレあり

新しくて綺麗な建物です。
こんにゃく作りやそば打ち体験などがあるので、調理室などがあります。

クマやイノシシのはく製なども。これはちょっと前の写真ですが、今はツキノワグマもいました。

トイレは建物内にはありますが、外からも行けるようになっています。
ぬれた体で建物内には入ってはいけないので、川遊びの途中は外から入れます。

広い多目的トイレもありますよ。

ホタル祭り

毎年、6月下旬に開催されます。

湯来温泉ホタルまつりが6/22(土)~6/30(日)開催!昨年のレポも広島の奥座敷、広島市佐伯区湯来(ゆき)町は、広島市内から車で40~50分程で行ける自然豊かなレジャースポットです! 温泉あり、牧場...

遠目だけどホタルもよく見えて楽しいですよ♪

川遊び

裏に流れる水内川では川遊びや釣りができます。

透明でとても綺麗な川です。眺めているだけでも癒されます。
隣接する湯来ロッジの露天風呂からは、この清流を臨めます(立たないと見えませんが)。

湯来ロッジの裏が割と浅くて、子供もたくさん遊んでいます。
交流体験センター側へ行くほど深くなっていきます。
この交流体験センターから河原へ下りる階段がかなり急なので、くれぐれも気をつけてください。
小さいお子さんは手を引いてゆっくり下りてください。

川には魚や貝がたくさんおり、それらをつかまえて遊ぶこともできます。

川遊びで必須なのは、ライフジャケット!!
ウォーターシューズ、マリンシューズと呼ばれる滑らない川遊び用の靴も必要です。
サンダルやクロックスは滑るし、流されてしまいます。
裸足だとちょっと痛いですしね。

川遊び用には、魚を獲る網、カゴやバケツ、箱めがねもあると良いですね!

娘も箱めがねを買ってもらい「きれ~い!!」と感激しながら、川底を夢中で眺めていました(≧▽≦)

我が家は今年が初めての川遊びで、ライフジャケット、ウォーターシューズ、箱めがねと一式パパが買いそろえてくれました!

ところが、都合が悪かったり、天気が悪かったり、私の体調が悪かったりでなかなか川遊びができず…(>_<)
やっと、9月初旬にできました!
暑いけどさすがに9月だし、川遊びする人は他にはいないだろうと思っていたけど、意外と結構いらっしゃいました!

ただ、網とカゴを忘れてしまい、なかなか魚が獲れず…。
パパが娘のために一生懸命小魚を手でつかまえてくれました!
娘はタニシばかり☆
捕まえた小魚やタニシは、カゴがないので、河原にたくさんちょうど良い穴があったのでそこに水と一緒に入れました。
(写真撮っていたけど、SDカードの調子が悪く上書きになってしまい、保存されていませんでした。)

おもしろいことに、タニシって自力で地面を這い、河原にちゃんと戻っていくんですよ♪
もちろん後で魚も川に戻しました。

次に、交流体験センターの裏の階段を下りた深い場所で遊びます。
大人の肩くらいの深さです。

ここでパパに支えてもらって仰向けでプカプカ浮いていたけど、ちょっと怖かったみたいです。

こちらでは、釣りをする人もいました。
鮎やアマゴが釣れるそうです。
釣りをするには鑑札が必要だそうで、交流体験センターでも購入できるようですよ。

川遊びの後は、隣の湯来ロッジの温泉で温まって帰るのも良いですね♪

さまざまな体験イベント

オオサンショウウオこんにゃく作り体験の他にも、普通のこんにゃく作り、風鈴やけん玉の絵付け、神楽面の絵付け、マイはし作りや万華鏡作りやペーパークラフトなど、たくさんのワークショップが開催されています!

1年を通じて行うそば打ち体験は大人気で、定員いっぱいになるようです。

こんにゃく作りは3日前までに要予約ですが、他のワークショップは随時受付です。

先日はこんにゃく作りの他にも、ストーンアートをしました(100円)
受付時にカラーペンを貸してもらい、石は並べてあるところから好きなものを1個選びます。

娘の描いたストーンアート♪

隣のテーブルでは、ペーパークラフトを作る親子や、神楽の狐のお面の絵付けをするカップルもいました。

夏には、アイスクリーム作り、ニジマスのつかみ取り、カヤックやシャワークライミングなど、川ならではのアクティブな体験ができます!
詳細はコチラを。

婚活も!

実はこちらの交流体験センター、「湯来コン」という婚活イベントも行われているんです!

キャンプや料理の体験イベントなど、その人となりをじっくり観察できる楽しいイベントのようですよ。
カップリング成立も50%になるときもあるのだとか!

キャンプやアウトドア好きな方にはぴったりですね♪

このように、大人も子供も楽しめる自然豊かな湯来交流体験センター、おすすめですよ!

◆周辺施設◆

久保アグリファームのジェラートが絶品!遊具や牛のエサやりも楽しい!広島市内から車で40~50分程で行ける広島市佐伯区湯来(ゆき)町は、温泉あり、牧場あり、夏はホタルも!家族で楽しめる自然豊かな遊びスポッ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください