お出かけ(山口県)

山口ゆめ花博③「2050年の森ゾーン」クイズラリーや自然に佇むアートも

順番が前後してしまいますが、森のピクニックゾーンから庭のパビリオンゾーンに行く途中にサブゲートがあり、無料エリアの2050年の森ゾーンへ続く道があります。

無料エリアは17時まで!時計を見たら16時過ぎ!急いで行きました。

サブゲートで再入場のスタンプを押してもらい、森へ向かいます。

ゴジラがお出迎え☆

受付のテントでは竹馬やぽっくりがあり、しばらくそれで遊んでいると、クイズラリーのお誘いが。

森の散策ついでにやってみました。

遊びながら学べるクイズラリー

クイズは全部で10問。
目印の幟の下の切り株にクイズの紙が貼ってあります。

これが結構おもしろい!

■題1問は「山口県の森林面積は、県全体の面積のおよそ何%でしょう?」
1 62%  2 72% 3 82%

クイズの下にヒントの紙が貼ってあり、緑(森林面積)に塗りつぶされた山口県の地図が。
ほとんど緑だったので、これは絶対3だよね!とみんなで自信満々で書くと、答えは2の72%でした☆

■第3問の「山口県のJリーグチーム『レノファ山口FC』には、名前の中に樹木の名前が入った選手が2人います。1人は高柳一誠選手。もう1人は?
1 高杉亮太  2 高松大樹  3 楠本卓海


Jリーグ(しかも他県)の選手には全然詳しくはないけど、これはクスノキの木(札がついてる)のそばにあるのですぐわかります!しかもヒントはクスノキの生態について(笑)

■第4問「ズバリ、山口県の県の木は何でしょう?」
1 アカマツ  2 クロマツ  3 ナツミカン


答えはアカマツなんですが、すぐそばにアカマツの木とクロマツの木があり、ヒントのところにアカマツとクロマツの見分け方が書いてあります。
アカマツのトゲの先は柔らかく、クロマツはとがっていて痛いんです。
娘と触って、本当だ!アカマツ柔らかい!クロマツ痛い!と新発見に大興奮!

子供の頃、庭に松の木があって、よく落ちてる松で松葉くずしして遊んでいたけど、あれば痛かったからクロマツだったんだなぁ。
娘はその後も森で松を見つけては先を触って、これはクロマツ!と嬉しそうに言います。
こんな風に遊びながら自然について学べるなんて嬉しいですね♪

 

最後にもらった、全部の質問と答えです↑あまり綺麗じゃないけどクリック→拡大で読んでみてね!

「ドングリの森」の立て札を見つけ、一目散にかけ寄る娘☆

しばらく道草♪でもまだあまりドングリは落ちていませんでした。

自然の中に佇むアート

クイズラリーの途中なのに、遠くに見えるなにやらカラフルなものが見えてつい行ってみました。

そこには自然の中に佇むアートの数々。

未来パークにいける龍生派いけばな展

正直よくわからないアートなんですが惹きつけるものがあり、娘も興味津々!

未来の自分への手紙を書くコーナーがあり、娘も嬉しそうに未来の自分へお手紙を書いていました。

ポストに投函♪

その後またクイズラリーを全部終えたら結構へとへと(^^;
全体がとにかく広いので、かなり歩きました。
受付に戻ったらもう17時過ぎてて撤収を始められていました。

参加賞でかわいく包まれたどんぐりをもらいました♪

ちょうど夕焼けが綺麗で、角度によってはゴジラが火をふいているように見えるんですよ、と教えていただき、写真を撮ってみました♪(ちょっとずれちゃったけど)

この2050年の森のゾーンでは気球もありますがこの日はお休みでした。

奥にはさらに海の大草原ゾーンがあり、娘はそこにも行きたがっていたけど、時間ないので断念。
2050年の森ゾーンはまた夢花博が終わった時にでもゆっくり遊びに来たいくらい自然いっぱいの楽しい場所でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください