山口県

周防大島へみかん狩り!減農薬が嬉しい児玉園

テレビでみかん狩りを見て、娘が「行きたい!」と言うので、みかん狩りに行ってきました。

ネットで探してみると、無農薬の果物狩りはなかなかないのですが、減農薬なら、山口県の周防大島の児玉園というところが見つかりました!
(実際、児玉園さんも言われてましたが、果物で無農薬は難しいそうです)

電話で予約をし、先日の日曜日に行ってきました。

児玉園でみかん狩り

児玉園
◆住所 山口県周防大島町久賀(園の所在に関しましてはお電話にてお問い合わせください)
◆連絡先 090-9066-0729
◆開園期間 10月下旬~12月上旬
◆料金 中学生以上 500円・4歳~小学生 300円・3歳以下無料
(持ち帰り ネット中 1,000円 大 1,500円)
◆制限時間 だいたい1時間くらい
◆駐車場 大型バス3台(マイクロ5台)
※普通車は路上に駐車

住所がはっきりしませんが、グーグルマップで検索したら、観光協会の住所が出たので、とりあえずその辺りまでナビで行きました。

観光協会で場所を聞いて、それでもちょっと迷いながら細い道を上がっていくと、路上に何台も車が停まっている場所があり、見ると「児玉園」の小さな看板が。

 

その列に車を停めて、細い石畳みの斜面を上がると、数組のファミリーがみかん狩りをしています。

受付でお金を払い、はさみをお借りして、いざみかん狩り!

こちらのみかん園の特徴は、減農薬栽培と、平地の農園に背丈の低い木を栽培しておられ、お子様や年配の方、車椅子の方も気軽にみかん狩りを楽しめるのです。

早速1~2個取っていただきます!

みずみずしくておいしい!

1,500円の大きい方の持ち帰り用のネットを買い

「おいしいみかんを見分ける方法はありますか?」と尋ねてみたところ

「あ~…それは、食べてみないとわかりませんねぇ(笑)」とのことでした。

テレビ(別の農園)では、茎が細いものか太いものかどっちかがいいとか言ってたけど…。

まあ確かにわからないので、とりあえず小さめで色が濃いものを中心に取っていきました。
確かに食べてみないとわかりませんでした(^^;

奥の方へ行きレジャーシートを敷いて、たくさん狩りとっていただきま~す(≧▽≦)

いちご狩りやぶどう狩りなら行ったことあるけど、みかん狩りは初めてで、念願かなって娘も大はしゃぎ♪

そんなに食べれやしないのにどんどんどんどん狩りとってきます(^^;

持ち帰り用のネットもいっぱいに☆

1時間で、パパは10個くらい、私は15個くらい、娘は23個食べました!(自己申告)

みかんばかり食べていたらすぐに水腹になり、トイレが近くなります。

ちゃんと簡易トイレもあります。

行ったのはお昼時でしたが、予約時に、レジャーシート敷いてお弁当食べてもいいと言われたし、実際近くのファミリーはお弁当を食べながらみかんを食べておられました。

お弁当食べながらだと、時間制限もあるしお腹もいっぱいになってあまりみかんが食べれないんじゃないかなあと思い、たくさん食べるためにお昼も食べず行きましたが、どうなのでしょう?
他の食物も食べながらの方が、飽きずに食べれるのかな?

1時間過ぎて大満足で、農園主さんにお礼を言い、農園を後にしました。

それから大島の端の方にある『なぎさ水族館』を目指します。

道の駅サザンセトとうわでお昼ご飯

周防大島はその形に似ていることから『金魚島』とも呼ばれているそうです。

児玉園が金魚の背びれの辺りだとしたら、なぎさ水族館は尻尾の辺りです。

その前に、お昼ご飯!

周防大島にはおしゃれなカフェもいっぱいあるんだけれど、せっかくなので新鮮なお魚が食べたい!

なぎさ水族館へ行く途中にある『道の駅サザンセトとうわ』でランチをしました。

2階のレストランが人気らしいのですが、時間が13時過ぎていたので、お魚系はほとんど完売…。

なので、1階の外のお店に行きました。

2つあって迷いましたが、漁師のお店の方へ。

私は海鮮丼+単品の味噌汁
海鮮丼のご飯は酢飯でした。
この日の味噌汁はおこぜ。いい出汁出てました。

パパはアジフライ定食
熱々のアジフライがおいしかった!

娘は海鮮チャーハン
娘の好きなタコも入っていて、少し味濃い目でしたが、出汁の効いたおいしいチャーハンでした♪

新鮮なお魚も販売していました。
生ものはちょっと心配なので、瀬戸内産のひじきを買いました。

道の駅の売店も賑わっていました。

さあ、なぎさ水族館へGO!(続く)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください