木の温もりに癒される!三次の室内遊び場「みよし森のポッケ」

先日は、みよしあそびの王国を紹介しました。

公園で遊ぶのにちょうどよい季節ですね! 今日は広島県三次市にあるテーマパーク並みに(?)楽しい公園、みよし遊びの王国をご紹介します♪ ...

今回紹介するのは、あそびの王国と道路をはさんで隣にある室内遊び場

みよし森のポッケ

今年の4月にオープンしたばかりです!

行ったのは、8月後半の土曜日。
普段がどのくらいの混雑ぶりかわからないのですが、ちょうど三次の花火大会の日だったので、もしかしたらいつもより多かったかもしれません。

14時前に行くと、14時の回は売り切れ。
最終の15時30分の券はまだあったので購入しました。

スポンサーリンク

料金と利用時間

◆開館時間 9時30分~16時40分(70分総入替制)
※利用券の販売は9時~(全クール)

◆利用料金 1クール200円/人 ※大人・子ども(6カ月~小学6年生)とも同料金

◆休館日 水曜日・年末年始(12月29日~翌年1月3日まで)、10月と3月に特別休館日あり

◆対象年齢 6カ月~小学6年生

第1クール  9時30分~10時40分
第2クール  11時00分~12時10分
第3クール  12時30分~13時40分
第4クール  14時00分~15時10分
第5クール  15時30分~16時40分

入口の前に券売機があります。

ウッドデッキもあり、夏休みにはここで木工イベントなども開催されるそうです。

1階 大型遊具の遊び場「はらっぱ」

大型遊具対象年齢:3~6歳まで

中に入ると広々!
真ん中と壁際に大型遊具があり、その周りはすっきり片付いていて綺麗だなというのが第一印象です。
下もマット敷だし、子供達がはしゃいで走り回っても安心。

同じ部屋にワークショップスペースがあり、アナログゲームやKAPLAで遊べたり、定期的にイベントも開催されるようです。
こちらは全年齢対象。

そして気になるこちらの遊具↓

どうやって遊ぶのかな?

磁石のついた棒を、穴からのぞいている玉にくっつけると…

にょろにょろ~っと、イモ虫が出てくるんです!

これがもう、引っ張り出すときの感触が何とも言えない…。

思わず「ムフフ♪」と笑ってしまうのです!何度やっても笑ってしまうんです。

これは体験してみないとわかりません!大人も癒される遊具です(^_^)

2階 木のおもちゃの遊び場「こもれび」

対象年齢:小学6年生まで

その名の通り、木漏れ日の差し込む明るいお部屋です。

木のおもちゃの温もり感が一層引き立ちますね!

ひときわ目を引くこの遊具。

下が木のボールプールになっており、手動でボールを上げて落としていくダイナミックなピタゴラ装置みたい。

子供達は夢中になって、左端のボールを上に上げるレバーを回します。

ここにも大量のイモ虫が…!

お店屋さんの野菜や果物も全部木です!

 

子守にアイロンがけに、大忙し!

福笑いをしています。

上手!これじゃあ笑えません…。

赤ちゃんの遊び場 ひなたぼっこ

隣のお部屋は、赤ちゃんのお部屋。

対象年齢:2歳まで

入れないのでちらっとのぞいただけですが、スタッフさんが見守る中、シンプルで落ち着いた印象のお部屋です。

トイレと授乳室

2階の廊下にある洗面台。

遊び場は飲食できないので、水分補給をするときにはこの向かいにある休憩スペースに行きます。

授乳室。奥に個室があります。

オムツ替えコーナー

親子トイレ

どのコーナーもとっても綺麗で清潔感あり、使いやすそうですね♪

トイレは1階にもあります。通常のトイレ以外に、多目的トイレとキッズトイレがあります。

ランチもできて、1日中遊べます

森のポッケ内は飲食禁止で、もちろん食べ物の販売もありませんが、向かいにトレッタ三次という農業施設があります。

ここのバイキングレストランでランチしたかったのですが、大人気で平日でも5組待ちくらいなのが、この日はさらに20組待ち!

レストランはあきらめ、売店で買いました。

地元の名産品や新鮮野菜なども売ってます。

こちらにも、多目的トイレや授乳室も完備。

パン工房green麦麦も併設

三次名物唐麺の入った麺巻と、麦麦で買ったパン。
唐麺も麺巻も初めて食べたけど、おいしかった♪

テラスでいただきます。

お隣のワイナリーに移動して

1つだけ、ソフトドリンクの試飲ができるんです!
このぶどうジュース、これがおいしい!

そしてあそびの王国でたっぷり遊びました。

さすが子育て支援に力を入れている三次市、どの施設も設備が充実しており、親子共に楽しめる環境が整っています!

オススメの観光地です(^_^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ