マリホフードホール by るるぶキッチンに行ってきました

このたびの豪雨災害により被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧を心からお祈りいたしております。

私のようなブログでも、情報を求めて来てくださる方がいらっしゃるので、更新を続けようと思います。

今回紹介させていただくのは、7/6(金)に広島のマリーナホップ内にオープンした

マリホフードホール by るるぶキッチン

スポンサーリンク

マリホフードホール by るるぶキッチンとは?

マリホフードホール by るるぶキッチンは、
旅行雑誌「るるぶ」編集者が旅して見つけた、
とっておきの食材・お料理を、マリーナの景色と上質な空間でお楽しみいただけるフードホールです。
食材にまつわるストーリーや、その土地の情報も楽しむのも魅力のひとつ。
「居心地の良い空間」「土地の魅力」「旅情報」を
大切な人とおいしい時をゆっくりとお過ごしください。

公式サイトより引用
るるぶキッチンとしては、東京赤坂、京都烏丸に続いて3店舗目だそうです。

外観と雰囲気

駐車場からすぐ、元Jカフェがあった場所です。
黒のシックな建物です。
入口を入ると、お花がたくさん!
各テレビ局やラジオ局からも届いていました。
中も暗めで雰囲気があります。
6店舗入っており、中央や窓際にテーブル席があります。
高級なフードコートという感じですね。

注文と支払い

システムの説明です。
こちらはキャッシュレスになっており、まず入口を入るとインフォメーションのカウンターがあり、そこでリストバンドを受け取ります。
各お店のタッチパネルで注文し、リストバンドをかざすと、注文番号のプリントされたレシートのような紙が出てきます。
それで注文は完了です。プリントアウトされた番号は控えなので、それを持って料理ができあがるのを待ちます。(最初私はわからず、番号の紙をお店の方に渡そうとしてしまいました^^;)
料理ができあがると、中央の天井にぶら下がっている小さな画面に番号が出てくるので、各お店に料理を取りにいきます。
(中央に大画面があり、他にもいくつか画面がありますが、そこには出てきません)
窓際の方に座ると、何度も中央の画面に確認しにいかないといけません。
最後にまとめて入口のカウンターで清算し、支払いをします。
各種クレジットカードOKです。

メニュー

お店は6店舗あります。メニュー表です。見えづらくてすみません。

MAIN BAR「Meet」(メインバー ミート)とSEAFOOD BAR「MARE」(シーフードバー マーレ)

ASIAN BAR「BIEN」(アジアンバー ビエン)とTEPPANYAKI 「HARBOR」(鉄板焼 ハーバー)

Soba Bar「Kai」(そばバー 海)

あとメニューにはなかったのですが、こだわりコーヒーやスイーツのCAFE「&m」があります。

ASIAN BAR「BIEN」のタイ風グリルチキン(ガイヤーン)セット

TEPPANYAKI 「HARBOR」の広島県産和牛サーロインセット
相変わらず3人で分け合って食べました。
お味はとてもおいしくて、娘もガツガツお肉を食べていました。
そばBarのおにぎりを食べているお子さんもいて、それも注文すれば良かったなぁと思いました。
窓際の席からは海も臨めていい感じです。

感想

「るるぶ編集者が旅して見つけたおいしいもの」ということで、ご当地グルメみたいなものかと期待していました。
沖縄のソーキそばとか、北海道の海鮮丼とか?

赤坂の店舗の口コミなどを見ると、本当に全国のご当地グルメを提供されているみたいですが、こちらは今のところ、どこを旅して見つけたグルメなのか、いまいちよくわかりませんでした。
でも、広島県産の和牛や広島地穴子の天丼、瀬戸内のピザなど、広島の地産地消を大事にされているのかな、とも思われます。

メニューは月ごとに変わるようなので、またこれからどのようなメニューが出てくるのか楽しみですね。

とてもおいしくて雰囲気も良いので、マリーナホップに遊びに行くついでに、一度立ち寄ってみられたらいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ