へんないきもの展に行ってきた!広島マリーナホップで開催中!大好評で期間延長

ただいま、広島マリーナホップ内マリホ水族館で開催中の「へんないきもの展」に行ってきました!

★来場者3万人突破を記念し、2019年1月6日(日)まで期間延長になったようです。

〈マリホ水族館×サンシャイン水族館〉
へんないきもの展
【日時】10月6日(土)~2019年1月6日(日) 10~20時
12月以降 10:00~17:00  ただし、金土日またはイベント時は20:00まで
※最終入場は15分前

【場所】マリーナホップ内 マリホ水族館別館
【料金】当日券:大人500円・子供300円・3歳未満無料
年間パスポートお持ちの方:大人200円・子供100円
※お得な水族館セット券 大人(18歳以上)1,100円・小中高生600円・幼児(3歳以上)400円・シニア(65歳以上)1,000円【料金】当日券:大人500円

初日の10/6(土)に行ってきました。
台風の様子を見ながら、大丈夫かな?と思ってきた夕方に行ってきました。
図書館で借りた「へんないきもの」と「またまたへんないきもの」を片手に(でもいらなかったかな)。

マリーナホップ入口のハロウィンフォトスポットで写真を撮り、会場へ向かいます。

まだ強い風が吹いていたけど、わりと家族連れの姿が見えました。
展示の方は台風のせいか人が少なく、じっくりと見ることができました。

スポンサーリンク

へんないきもの展 展示内容

会場は、マリホ水族館別館。
マリホ水族館より手前にあります。
チケットを水族館窓口まで買いに行ってまた戻ってこないといけません。

水族館とのセット券を勧められ、確かにお得だしハロウィン仕様の水槽も気にはなったけど…もう夕方だし今回はへんないきものだけにしときますm(__)m

チケットを提示し中に入ります。

一番最初の展示は…

モンハナシャコ

岩しか見えないけど…どこにいるのかな?

とりあえず説明文を読みます。著者の早川いくを氏の独特の説明文です。

せっかくのユーモアあふれるおもしろい説明文も、小学2年生の娘にはそのおもしろさがまだわからないんですよね。

読んではあげるんですが「22口径の銃弾」と言っても???なので、「ピストルくらいの強さがあるんだって」と言い直し、その後も「原動力って?」「至近距離って?」「闇討ちって?」「無法地帯って?」と質問攻め(^^;

※次の写真【閲覧注意】

あ、岩の陰にいましたいました!

なるほど、悪そう~な目をしてます!!

次の展示は、モンハナシャコの説明文の最後に書いてあるカエルアンコウ

さて、どこにいるでしょーか?

なるほどいわゆる擬態ですね。

答えです。

ヒヨケムシ

物騒ですね(^^;

こちらはフリソデエビ

ふりふりしたかわいらしい姿とは裏腹に、ヒトデをひっくり返すとグサリと一突きし、その後はハサミで肉を切り取りながら食っていくそうです。

サソリモドキ

これはクモとサソリの悪いとこどりですって。
昆虫、ヤスデ、ミミズ、ネズミまで襲い、強大なハサミで引きちぎるそう。

しかも尾から酢酸を噴射し、触れれば火傷のような炎症を起こし、目に入れば角膜炎を起こす。しかもその匂いは酢を強烈にしたような激臭だそう。恐ろしい!!

なんか野蛮で残忍な生き物ばっかり(^^;

と、思ったら、そうでもなかった。

砂に擬態しているこちらの生物は、コモンカスベ

エイの仲間なんですが、干物にすると珍しいというのでなぜかこの「へんないきもの展」に展示されることになったそうです(笑)

箸休めとしてカワテブクロ

こちらはマリホ水族館でもおなじみですね。
最初に野蛮な生き物が続いたのでなんだかほっとします☆

ダイオウグソクムシ

娘は、大好きなダンゴムシ(我が家でも飼ってます)に似てるから、好きなんだそうです。
(でもダンゴムシより何千倍、いや何万倍もデカいぞ!!)

そして、娘がこの「へんないきもの展」で一番ハマったのは、これです!

「オジサン」

命名センスが小学生…笑えます(≧▽≦)

まあ、「ヤンキーノオニイチャン」「トナリノヒトヅマ」と言っても娘にはわからないけど☆

まあ娘はとにかく「オジサン」という名前がすごく気に入ったようで、家に帰っても「オジサン、オジサン」と思いだし笑いをしていました(笑)

そして、CMでおなじみ「生まれたてじゃねーし。」とセリフをはくハダカデバネズミ
(名前そのまんま^^;)

毛皮がないのでホントに生まれたてのよう。かわいいです。

一生懸命穴を掘っている姿。

みんなで寝ています。やっぱりかわいい。

そのかわいさとは裏腹に、一生を重労働で過ごすようです。

こんな感じで、野蛮で残忍な生き物から、癒される(というか笑える)生き物から、ホントに変な生き物がたくさんいて、小さな展示でしたが、かなり内容の濃い展示でした。

トークショーやサイン会も

著者の早川いくをさんのトークショーやサイン会もあるようです。

11/3(土) トークショー 中村元水族館プロデューサーとの対談 
【時間】17:30~ 【場所】マリホ水族館
11/4(日) サイン会
【時間】11:30~ 【場所】企画展室

ファンの方は必見ですね!

グッズ

展示室内には、ダイオウグソクムシのぬいぐるみとスリッパが販売されています。
(あったかそうだけど…)

マリホ水族館に隣接するショップでも、色々なグッズが☆

中でも気になったのが、これ!

ダイオウグソクムシの3Dペーパーパズル

細かくて、リアルです!

うぎゃ~~!!裏側はさらにリアル(≧◇≦)

娘は欲しがったけど、2,000円くらいするし…。

それにこの細かさ!パパじゃないと組み立てられないでしょう☆
(パパはこの日不在でした)

とりあえずこの日は買わなかったけど、もし数日たっても忘れられなかったら買いに来よう☆

感想

小さな展示なので、所要時間はじっくり見ても30分もかかりませんでした。

でも内容は濃い!!
よくもまあこんな変なのたくさん集めたなぁと感心してしまいました☆

説明文のセンスが理解できればもっと楽しめるんですが、でも娘は生き物だけ見ても「ギャー!」と言ったり笑い転げたり、楽しんでいましたよ!

紹介した生き物以外にも、まだまだ他にも変な生き物がたくさんいます!

是非行ってみてください!オススメです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ